中野区弥生町・南台にある歯科・歯医者 みなみ台なないろ歯科|お子さまと女性のための歯科

WEB予約

For Women
and Children

お子さまと女性のための歯科

こどもの成長と女性のライフステージにあたたかな歯科診療で寄り添います

こどもの成長と女性の
ライフステージに
あたたかな歯科診療で寄り添います

大切なお子さまのお口を守るお母さんをサポートしたい。そしてそんなお母さん自身のお口も健やかであってほしい。当院ではそんな思いから、お母さんとこどもに寄り添った診療をメインに行っています。
気軽に相談できて、信頼して治療を任せられる。お母さんにとって、当院がそんな存在でいられるように、長期的に、そして継続的にお口を見守っていきます。

お子さまと女性のための診療内容

小児歯科

小児歯科

むし歯の治療はもちろん、予防を重視した診療でお子さまの健やかなお口の成長をサポートします。

詳しくはこちら

マタニティ歯科

マタニティ歯科

生まれてくるお子さまのお口の健康のために、お母さんの口腔環境を整えていきましょう。

詳しくはこちら

赤ちゃん歯科

赤ちゃん歯科

歯が生える前からお口の環境を整えていくことで、健全なお口の発育を促すお手伝いをいたします。

詳しくはこちら

小児矯正

小児矯正

歯並びを悪くする原因にアプローチする予防矯正で、歯が正しい位置に生えてくるように導きます。

詳しくはこちら

小児歯科

わたしたちはお母さんの子育て応援団!お子さまのお口のお悩みを解決します

わたしたちはお母さんの子育て応援団!
お子さまのお口のお悩みを解決します

「むし歯かな?」という箇所が見つかったり、歯磨きや仕上げ磨きに不安を感じていたり。お子さまのお口に関する心配ごとはございませんか?当院ではお母さんとお子さまに寄り添い、安心していただける診療をご提供しています。一緒にお子さまのお口の健康を考えていきましょう。

お子さまに楽しさを!
ママには安心を!

お子さまが楽しめる空間を
意識しています

過ごしやすい環境

詳しくはこちら

お子さまの未来の
お口を考えます

予防への取り組み

詳しくはこちら

適切なタイミングで
適切な治療を行います

歯を守るMI治療

詳しくはこちら

お母さんが頼れる
かかりつけ医です

子育て中の女医が常勤

詳しくはこちら

① お子さまが過ごしやすい環境

お口の小さな変化を見逃さず、確実にむし歯を予防していくために、お子さまには定期的に歯科医院へお通いいただくことを推奨しています。そのためにもお子さまには「歯医者さんは楽しい場所」として認識していただきたいのです。当院ではおもちゃや絵本を揃えたキッズスペースをご用意し、お子さまが過ごしやすい環境を整えています。

お子さまが過ごしやすい環境

待ち時間もお子さまが楽しい気持ちで過ごせるように、キッズスペースをご用意しています。

② 予防への取り組み

お子さまが一生涯健康な歯で過ごせるように、当院では予防処置とお口のケアのご指導を行っています。むし歯治療で痛い思いや煩わしさを感じさせることのないように、予防にぜひ取り組んでいきましょう。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯面のクリーニング後にフッ素を塗布することで歯質が強化され、歯の再石灰化を促します。むし歯になりやすい乳歯に高い予防効果を発揮します。

シーラント

シーラント

むし歯になりやすい奥歯の隙間を、歯科用プラスチックのレジン素材で封鎖することでむし歯を防ぎます。フッ化物配合のため、再石灰化も促進されます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

予防の基本は毎日の歯磨きです。お子さま自身には正しい歯磨き方法のレクチャーを行い、お母さんにも仕上げ磨きのアドバイスを行います。

③ 歯を守るMI治療

MIとはミニマル・インターベンションの略で、歯質への侵襲を最小限に抑えた治療を意味します。むし歯に対してやみくもに「削って詰める」治療ではなく、お口の成長を見据えて適切な治療につなげます。

MI治療

MI治療

むし歯がごく初期に発見できれば、歯へのダメージを最小限にとどめた治療が可能です。できる限り自然な歯を残し、お口が将来も健全な機能を果たすことを目指します。

歯科用CT

歯科用CT

歯を削る量を抑えるためには、精密な診断での早期発見が必須となります。当院では歯科用CTによる、3次元的な診断により、小さなむし歯も初期に発見することが可能となっています。

④ 子育て中の女性歯科医師が常勤

子育て中の女性歯科医師が常勤

当院の院長は3児の母でもある女性歯科医師です。女性ならではのやわらかい雰囲気とコミュニケーションを大切にしたホスピタリティで、お子さまの成長段階に合わせた診療を行っています。お子さまのお口にまつわるお悩みや、お口のケアに関するご質問など、どうぞお気軽にご相談ください。

定期検診にお越しください

定期検診にお越しください 3ヶ月に1回をおすすめしています

乳歯や生えたての永久歯はむし歯のリスクが高く、そのうえ進行が早いという特徴があります。定期的に歯科医院でお口の状態を確認していれば、もしむし歯があった場合にもごく初期に治療が可能となります。また成長による変化も著しいお子さまのお口を継続的に見守ることで、歯並びや咬み合わせの異常にもいち早く気付くことができます。

当院では中野区の1歳6ヶ月児、3歳児、5歳児歯科健康診査を行っています。
詳しくはこちらをご確認下さい。

マタニティ歯科

お子さまのお口の健康は-1歳から!マタニティ期のケアを推奨しています

お子さまのお口の健康は-1歳から!
マタニティ期のケアを推奨しています

生まれてくる赤ちゃんのお口のためにお母さんができることは、まずご自身の口腔環境を整えることです。お母さんのお口にむし歯があると、唾液を通してむし歯菌の存在しない赤ちゃんのお口にもうつってしまうことがあるからです。妊娠中に検診や治療を受け、安心して出産を迎えましょう。

妊娠するとお口の環境が変わります

つわり

つわりで歯磨きが疎かになることで、お口の衛生環境が悪くなり、むし歯リスクが上がります。

ちょこちょこ食べ

食事の回数が増えることでお口が酸性に傾き、酸蝕症に。歯が溶かされてしまいます。

ホルモンバランス
の乱れ

歯ぐきの腫れや出血を引き起こし、歯周病になりやすくなります。歯周病は早産や低体重児出産の要因となるため注意が必要です。

唾液の減少

唾液の分泌量が減り粘り気がでることで、お口の中の汚れが洗い流されにくくなりトラブルを誘発します。

妊娠中のお口はトラブルと隣り合わせです。無理しない程度にできるケアをできるときに行い、安定期に入り体調が落ち着いたタイミングで、一度歯科検診をお受けください。

つわり時は歯磨きグッズにも一工夫を

歯ブラシ

歯ブラシ

つらいときは無理せずにうがいだけにとどめ、体調の良いときに歯磨きをしましょう。ヘッドの小さなブラシがおすすめです。

歯磨き粉

歯磨き粉

香りや刺激の少ないものを選びましょう。無添加や自然由来のハーブを使用したものなら抵抗感なく使用できます。

マウスウォッシュ

マウスウォッシュ

歯磨きのできないときには洗口液でお口をスッキリ清潔に保ちましょう。アルコールフリータイプなら刺激も気になりません。

生まれてくる赤ちゃんのために
できること

妊婦さんが歯周病になると、早産や低体重児出産のリスクが高まることがわかっています。またお母さんのお口にむし歯があると、生まれてきた赤ちゃんに唾液を介してうつしてしまうことも。こういったことを防ぐためにも、妊娠中の然るべきタイミングで歯科医院へ通い、お口の環境を整えていきましょう。

妊娠中に歯科医院へ通うタイミング

妊娠初期(1ヶ月~4ヶ月)

妊娠初期(1ヶ月~4ヶ月)

赤ちゃんの大切な器官が作られる時期でもあるため、治療は応急処置にとどめ、安定期に入ってから行います。つわりでお口のケアが十分にできないことでトラブルが起こりやすくなるため注意が必要です。

妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月)

妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月) 治療・検診は安定期が適しています

母子ともに安定している時期です。出産までに終えておきたい治療は、この時期に行っておくと良いでしょう。また特に気になることがない場合にもこの時期に一度検診を受けておくことが大切です。

妊娠後期(8ヶ月以降)

妊娠後期(8ヶ月以降)

お腹が大きくなり、ユニットで横になる姿勢がつらくなる場合があります。また早産や仰臥位性低血圧のリスクもあるため、できるだけこの時期までに治療を終えておきましょう。

当院では中野区の妊産婦歯科健康診査を行っています。
詳しくはこちらをご確認下さい。

Q&A

Q.妊娠中のレントゲン撮影は大丈夫なのでしょうか?

歯科用のレントゲン撮影は放射線量が極めて少ないため、妊娠中でも問題ありません。また防護エプロンを着用しますし、撮影箇所もお口のみです。安心して検査をお受けください。

Q.治療中の麻酔は赤ちゃんに影響しませんか?

歯科治療における麻酔の量であれば、お腹の赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。ただし妊娠初期もしくは妊娠している可能性のある方は、念のため治療を受ける際に歯科医師にご相談ください。

Q.薬の服用が必要になることはありますか?

妊婦さんへはお薬の服用を伴うような治療は極力行いませんが、どうしても必要な治療を行った場合は処方することもあります。その場合も妊婦さんに安全なお薬を最低限の量で処方いたします。

赤ちゃん歯科

歯医者さんデビューは早めがおすすめ健康なお口ときれいな歯並びを育みます

歯医者さんデビューは早めがおすすめ
健康なお口ときれいな歯並びを育みます

お口の健康はこの先の未来へずっとつながっていきます。そのため歯医者さんデビューは早いに越したことはありません。小さなうちから歯医者さんに慣れ、歯を守ることを当たり前に考えていく。そのポテンシャルで得た「強く美しいお口」はいつかきっとお子さま自身を守る力になってくれるはずです。

なぜ、赤ちゃん歯科が必要なの?

なぜ、赤ちゃん歯科が必要なの?

著しく発達する赤ちゃんのお口を歯科医師が定期的に見守っていくことで、お口のクセや歯の生え方の異常にいち早く対処できたり、正常な口腔環境を維持することができます。またこの時期から歯科医院へ通うことを習慣化していただくことで、お母さんとお子さま自身にお口への意識を高く持っていただける効果もあります。

なぜ、赤ちゃん歯科が必要なの?

赤ちゃんは生まれたすぐから母乳やミルクを飲み、そして段階的に食べ物を飲み込む力を身につけ、しっかり歯で咬んで食事ができるように成長していきます。赤ちゃん歯科ではこの期間のお口を注意深く見守り、正しい成長を促していくことを目的としています。

スクロールできます

新生児~3ヶ月頃 生後6ヶ月頃
新生児~3ヶ月頃 生後6ヶ月頃
お口の
状態
無菌状態 乳切歯が生える
食事の
段階
反射による哺乳 離乳食スタート
言葉の
発達
泣く・クーイング 喃語

スクロールできます

1~1歳半頃 3歳頃
1~1歳半頃 3歳頃
お口の
状態
乳臼歯が生える 乳歯列が整う
食事の
段階
歯を使った咀嚼へ移行 自立して食事をする
言葉の
発達
1語文が出始める 3語文を話し始める

赤ちゃんのお口は一人ひとり異なるため、成長のスピードを過度に心配する必要はありません。しかしお母さんがお子さまのお口のことで気になることや不安になることがある場合などは、どんなことでもお気軽にご相談ください。

お口のステージ別のケアが必要です

歯が生える前

歯が生える前 歯磨きの準備期間

4、5ヶ月頃からは指に巻いたガーゼでお口をやさしくぬぐい、お口のケアに対する抵抗感をなくします。まずは赤ちゃんの機嫌が良いときに、お口の中を触ったりマッサージしたりしてスキンシップをとることから始めましょう。

前歯が生えてきたら

前歯が生えてきたら お手入れスタート

1本でも歯が生えてきたら、歯ブラシを使った毎日のケアを始めましょう。1日に2回、朝と夕食後に赤ちゃん用の歯ブラシを小刻みに動かしてやさしく磨き、歯磨き習慣を身につけます。

歯が生え揃うころから

歯が生え揃うころから 正しいケアの基盤作り

歯が生え揃う子が多くなる3歳を迎えたら、自分で磨く練習をスタートします。当院でもお子さま自身への歯磨き指導とお母さんへの仕上げ磨きのアドバイスを行い、正しい歯磨き方法を習得していただきます。

小児矯正

美しい歯並びのための土台作りを!原因の根本を改善する矯正治療です

美しい歯並びのための土台作りを!
原因の根本を改善する矯正治療です

お子さまの歯並び、気になりませんか。歯並びの乱れはお顔の印象に影響を与えるだけではなく、耳鼻科系のトラブル、姿勢の悪さや注意力の欠如にもつながってしまいます。当院ではそんな歯並びの乱れの根本原因にアプローチする、予防矯正を行っています。お子さまのお口の成長をサポートし、健やかな歯並びを育んでいきましょう。

お子さまのお口の将来を考えた
矯正治療です

あごの正しい成長をコントロール、スムーズな歯の生え変わりをサポート、呼吸や発音の改善を促す、唇や舌を正しい位置に導く、コンプレックスリスクを下げる

「歯が生える隙間が十分にない」「歯並びを悪くする生え方をしている」など、将来の歯並びに不安がある場合、予防矯正を行っておくことでワイヤー矯正などの治療が必要なくなったり、短期間で歯並びを整えたりすることが可能となります。
従来の矯正治療のように歯を動かすのではなく、歯が正しく並ぶための土台を整え、筋機能を向上させることで、正常なお口の状態へ導きます。

大人になってからでもいいんじゃないの?

こども時代に矯正を行うメリット

こども時代に矯正を行うメリット

あごの成長を
利用することができる

成長を利用してあごを広げることで、無理なく歯が並ぶスペースを整えていきます。

歯を抜かずに治療できる
確率が上がる

歯の生えてくる土台を整え、スペースを確保することで、抜歯の回避率が上がります。

適応能力が高い

大人よりも装置やトレーニングに慣れやすく、歯や筋肉が適応する能力も高いです。

矯正期間が
短くなる

成長過程にある時期に矯正を始めることで、治療期間や費用の負担を抑えられます。

当院の矯正治療

小児矯正

床矯正+MFT 6歳~10歳頃

床矯正+MFT
〈しょう〉矯正と口腔筋機能療法

混合歯列期のお子さまを対象とした、あごの骨を広げる矯正方法です。装置の拡大ネジを徐々に広げていくことで、歯を正しい位置に並べるためのスペースを確保します。食事の際は取り外し可能ですが、基本的には日中の8時間以上と就寝時の装着が必要です。当院ではMFTというお口のクセを改善するトレーニングを併せて行い、より確実な治療につなげています。

予防矯正

Vキッズ 3歳頃から

Vキッズ
小児睡眠時育能サポート装置

就寝時に下の歯に装置を装着してお口の中を広くすることで、健全な呼吸を促して良質な睡眠へと導きます。睡眠時の呼吸を確保し十分な酸素を供給することは、こどもたちの健やかな成長発育に貢献します。乳歯列期に使用することで、お子さま自身の成長する力を利用し、無理なくお口を広げます。

マイオブレース・システム 5歳~15歳頃

マイオブレース・システム
早期予防矯正治療

日中の1時間と就寝時にやわらかい素材の矯正装置を装着すること、また1日10分ほどお口のトレーニングを続けていただくことで歯並びを悪くする根本的原因に働きかけます。お口のクセの改善を促してあごの発達をサポートすることで、歯並びや顔の骨格を正しい状態へ導きます。

プレオルソ 4歳~10歳頃

プレオルソ
機能的マウスピース型矯正装置

現役の矯正専門医が開発した取り外しのできる矯正装置です。日中の1時間と夜間の就寝時に装着し、定期的にサイズやデザインを交換していくことで、お口まわりの筋肉のバランスを整え、永久歯が正しく生えるための土台を作ります。お口にフィットする素材で装着時の違和感も軽減しています。

マウスピース矯正

インビザライン・ファースト 6歳~10歳頃

インビザライン・ファースト
マウスピース型矯正装置

目立ちにくい透明なマウスピース型の装置を1~2週間ごとに交換することで歯並びを整えていく矯正治療法です。あごを広げ、永久歯が生えるスペースを確保するとともに歯並びを正しい位置に誘導していくことで、効率的にお口の成長をサポートすることができます。食事や歯磨きの際には取り外しも可能です。

大人の方へはインビザラインの矯正装置を使用したマウスピース矯正を行っております。お母さんご自身の歯列が気になる場合も、当院までご相談ください。

お子さまのお口を精確に診断し、成長段階に基づいた最適な治療法をご提案しています。

料金表

矯正相談 初回無料
診断料(CT、資料込み) ¥33,000
管理料 ¥5,500
小児矯正 Ⅰ期 ¥385,000
小児矯正 Ⅰ期 ごきょうだい割引 -¥33,000
本格矯正 Ⅱ期 330,000
予防矯正 ¥110,000
マウスピース矯正 770,000
マウスピース矯正 管理料 ¥8,800

※価格はすべて税込です。

満足していただける小児矯正のために

当院ではより高度なレベルでの矯正治療を行うために、先端機器を導入した診断を行っております。お子さまお一人おひとりのお口の状態をしっかりと把握したうえで、オーダーメイドの治療を行っていきます。

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTでお口の3次元データを得ることで、リスクを回避し、より精確性の高い矯正治療を行います。

セファログラム

セファログラム

セファログラムとは矯正治療専用のレントゲンです。顎の位置や骨格の移動を分析、治療前後の比較も可能です。

3D 口腔内スキャナー

3D 口腔内スキャナー

歯並びや咬み合わせを3Dデータ化できる、マウスピース型の矯正治療に欠かせない光学スキャナーです。

設備をもっと詳しく

当院ではお子さまの矯正治療をお考えの方に、無料の初診カウンセリングを行っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

無料初診カウンセリング予約
無料初診
カウンセリング予約

月~土 9:30~18:00
休診日 金曜・日曜・祝日

TEL

WEB予約